ニット作品とカルジェル作品と日々の事♪


by amiamiamika
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

世界天文年2009☆

先週の土曜日、ご飯を食べに行こうと思い、夕方車に乗り込んだ時、
息子が「ママ~今、空に赤い線がスーッと出て、消えちゃった!何あれ~??」と。
「おぉ~~~流れ星だったんじゃん!!!」と。
彼にとって、人生初の流れ星☆
私は、背中を向けていて、一緒に見ることが出来なくて残念・・・

で、昨日、ラジオを聴いていたら今年が「世界天文年2009」なんだって。

2009年は天文学の年。400年前の1609年、近代科学、天文学の父と言われているガリレオ・ガリレイが初めて天体望遠鏡を自分で作り、宇宙の謎を解き始めたんだそうです。
その400年目を記念して、今年は世界天文年ということにしようと、国連、ユネスコ、国際天文学連合が一緒になって、国内でも国際的にも様々な天文に関するイベントをやろうと頑張っている最中なんだとか。

2009年7月22日に皆既日食が見られるんですよね~
私の住む所からは、部分日食みたいですけど・・・
日本の陸域で皆既日食が見られるのは、北海道での1963年7月21日の皆既日食以来じつに46年ぶりだそうです。希少な現象ですよね~
各地でライブ中継するみたいで、楽しみです!
ダイヤモンドリングでしたっけ?生で見てみたいですけど。

そして、世界天文年となる2009年は、流星群にとっても条件が良く観察できるものが多い年だそうです。
三大流星群「しぶんぎ座流星群(1月)」「ペルセウス座流星群(8月)」「ふたご座流星群(12月)」がみえるそうなんです!
1月のは、終わっちゃったみたいですけど。
8月13日ごろのペルセウス座流星群は、1時間に50くらい流れるみたい!!!
12月14日ごろのふたご座流星群なんて、1時間に80くらいですって!!!
こんなチャンスは、なかなかない!
山間部の星が綺麗に見えそうな所に、家族で行こうかしら♪
同じ流星を、一緒に見れる大チャンスに今からワクワクしちゃいます!


c0182654_912090.jpg

[PR]
by amiamiamika | 2009-01-20 09:04 | るんるん日記♪