ニット作品とカルジェル作品と日々の事♪


by amiamiamika
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ルーシー・リー展


c0182654_13482863.jpg


先日、国立新美術館に「ルーシ・リー展」を見に行ってきました。
女性陶芸家のルーシー・リー。
1995年に93歳でなくなるまで、精力的に制作活動を行った作家さんです。

陶芸・・・2~3回、陶芸家のお友達に習った事があるのですが、、、
出来上がりまでの工程がたくさんあって、時間が掛かり忍耐力が必要だなぁ~と^^;
焼きあがった時、窯を開けるまでどのような作品になったかが分からない陶芸の世界に憧れはあるものの、その後チャレンジする機会がなかなかありませんでした。
知らない世界を覗くのもいいですね~^^
完全素人の私が見ても美しく繊細な器たち~♪すっかり魅了されました。
人柄が作品に反映されるのか、とても気品があり清楚で静かな作品が所狭しと並んでいました。
中でも、陶器で作られたオートクチュールのボタンが美しいこと!美しいこと!!
陶器で作られたボタンなんて見たことも聞いたこともなかったので、とても新鮮でした。
途中、生前のルーシーの制作風景がビデオで紹介されていました。
なるほど~~こんな風に作ってるのかと。
そして気品のあるルーシーの姿に作品の清楚さと通じるものがあるなぁ~と。
釉の研究に余念のなかったルーシーの作り出すピンク・黄色・ブルー・緑~~~
派手さはないですけど、本当に美しいですよ~^^
250点のコレクションたち~~♪
6月21日まで開催してますので、是非どうぞ~~^^

国立新美術館、初めてだったんですけど、素晴らしい建築でしたよ~
波打つ窓辺に新緑の木々が美しく、カフェで飲むコーヒーも格別かと^^
都会の喧騒を忘れさせる素敵な空間でした。
黒川紀章の設計と後から分かり、納得しました!!!
[PR]
by amiamiamika | 2010-05-15 14:18 | るんるん日記♪